久々の風俗で大盤振舞

好みよりも実用性かな

風俗は好みの女の子を指名するのではなくて、自分が求める女の子を指名するようにしています。実用性と言うか、抜きたいって思った時にこっちが頑張るタイプだと、必ずしもこちらが求める存在ではないじゃないですか。外見で判断するのではなくて、自分がどんな気持ちなのかを考えて、抜いてもらいたいならテクニシャンとか技術に自信を持っていそうな風俗嬢にしますし、女の子を攻めたいって思ったら受け身の風俗嬢にするんです。好みの女の子を指名した方が燃えるっていう声もあるかもしれないんですけど、好みの女の子だからって言っても、何もしてくれないようじゃ意味がないですよね(苦笑)それに、風俗は「気持ち良くしてもらうサービス」だと割り切っていますので、自分の気持ちにぴったりな女の子を選ぶようにしているんですよ。自分からあれこれ決めるのではなくて、相手の子を見て、自分にマッチしているかどうかで判断するよう心掛けているんですよねね。

何気に自分の意志なんですよ

風俗に行くのは自分の意志なんです。受け身というか常に何をするにしても流されることが多い自分ですけど、風俗だけは自分の意志で足を運びたいって気持ちがあるんですよね。むしろそれが大きな原動力というか、もっともっと風俗を楽しみたいって思いが強まるんです。だってそれ以外では別に受け身でいいというか、こだわりがないんです。だから、本音を言えば受け身とか流されるとかじゃなくて「どうでも良い」なんです。でも風俗だけはどうでもよくないんです。遊ぶからにはホームページを見ますし、メルマガも必要であれば登録します。クーポンを見比べてみて割引率が高いのはどこなのかポータルサイトを見て比較もします。こうしていろいろなことを楽しむことによって、自分なりにいろんなことを楽しめるなって思うんですよね。それがまたハマる要因でもあるので、風俗に関しては自分でももっともっと楽しみたいなって思いを持ちつつ、自分の意志で向き合っています。