久々の風俗で大盤振舞

礼儀正しい金髪ギャルでした

金髪のギャル系風俗嬢ってだけで、生意気そうとかこちらのリクエストなんて聞いてくれないんじゃないかとか、ちょっとした偏見を持ってしまいがちだと思うんです。自分も取り敢えず指名したは良いものの、実際の彼女を見て、きっとわがままなんだろうなって思ってしまったんですよ。でもその印象はすぐに崩れました。なぜなら彼女、金髪のギャルではありますけど、とっても礼儀正しい風俗嬢だったんですよ。そこに驚かされました。別にごく普通のことをしてくれているだけだと思うんですけど、先入観がマイナス側だったので、普通のことをされるだけでも好印象になっちゃいましたね。それに、「ギャル」って一括りにしがちですけどよく見ると意外と可愛らしい顔をしているんですよね。そう思ったら勝手に親近感も沸いてきたので、何気にいろいろと楽しむことが出来たかなって思っていますし、彼女の存在のおかげでその日の自分の満足度は、かつてないほど高かったですよ。

自分の立ち位置もありますしね

自分自身の立ち位置というか、どういったスタンスで女の子と接するのが好きなのかを考えると、風俗の中でも理想に近いのはソープかなと。イチャイチャしたいというか、自分自身風俗には快感だけじゃなくて、発散も求めているんです。性的な満足とともに、爽快感というか、ソープだと全身運動のようなものじゃないですか。ソープ以外の風俗でのフィニッシュは、頑張るのは女の子です。だからこっちは快感ではありますけど、さすがに爽快感まではないですよね。でもソープだとこっちが頑張ることもあるじゃないですか。その時のフィニッシュは、言いようのない満足感もありますし、やりきったという爽快感もありますよね。性欲以上に、あの瞬間が好きなんですよ。あの一瞬こそ、いろいろな意味で「絶頂」と呼ぶに相応しいものなんじゃないかなって思うので、自分に一番マッチしている風俗はソープかなって最近思うようになりましたし、それは決して間違いではないんじゃないかなって。