久々の風俗で大盤振舞

お金の使い道として無難だと思った

風俗はお金の使い道として、男として無難かなって思いましたね。というのは、お金を払えばしっかりと満足出来るじゃないですか。お金だけ払ったのに何もないとか、お金を払ったけど結局思ったような楽しさじゃなかったとかだと、お金が勿体ないなって思ってしまいます。でも、風俗ではそういったことはないじゃないですか。会話するのにポイントが必要とかもないし、プレイの途中で「ここからは課金だよ」なんてこともありません(笑)受付でお金を払えば、後はもう思いのままの時間を過ごすことが出来るんです。そう思ったら、風俗がどれだけ無駄なものではないのかってことも分かりますよね。スマートフォンの課金なんて、課金したところで実際に自分が欲しいものが手に入るのかどうかさえ分からないような状況じゃないですか。はっきり言って、それは本当に勿体ないというか、ともすればお金を捨てているようなものじゃないですか。でも風俗はそうじゃないですしね。

人見知りも嫌いじゃないんですよ

人見知里する風俗嬢って、昔は苦手だなって思っていたんです。でも最近はむしろそっちの方が可愛らしいんじゃないかなって思うようになってきたんですよね。というのも、風俗嬢にもいろんなタイプがいますけど、自分もまた、いろんな価値観があるし、それに自分自身成長する部分もあるんでしょうね。それまでは人見知りじゃなく、喋りの上手な風俗嬢が良いなって思っていたんです。それはきっと、自分に喋る力がないからなのかなって。でも最近は自分もそれなりに風俗で遊ぶようになって、女の子とどうやってコミュニケーションを取ればよいのかが何となくではあるんですけど分かるようになってきた部分もあるんですよね。だから相手が人見知りでも別に良いかなって。むしろ自分に余裕が出てきたからなのか、人見知りな風俗嬢の心を開くのも楽しいなって思うようになっていたんですよね。当初は人見知りをしていて、明らかに緊張しているのが分かるような風俗嬢が変わるのがいいんです。